FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泡踊りショー



鶴舞お風呂の話(参:URL1)を出したんじゃから、
流れとして、泡踊りショーの話になるかの~。

ステージマットを出してローションも使うあれじゃな。

マットというと、エアーマットでは医療器具が含まれるし
エアーベッドでは耐水性を考えていないものが含まれる。
先述の URL1.の記事ではビーチマットと表現したんじゃがの~。

ビーチマットにも空気を入れないものが含まれるから、
今後は、ソープ用マットという表現をさせてもうとするかの~。


マットやローションなど、準備に意外と時間のかかるショーなんじゃが、
鶴舞は、このショーを素早くこなせた。隣が、お風呂なんじゃからの~^^

ワシが鶴舞で泡踊りショーに上がったのは、本番じゃない方じゃった。
今昔物語(参:今昔1)にも書いてある通り、このショーには
本番ありのものと、素股のものとがあったんじゃ。
(本番の方も、ゴム付きと生本があったんじゃがの^^)

とにかく、全裸にならなきゃ始まらないこのショーは
密着感が高いんじゃ。えらく気持ち良いショーなわけだな。

当然、本番ではなくとも JKは熾烈(しれつ)を極めたわけじゃ。


初回は、本番JKのみ参加だったので様子を見させてもらったが
えらく面白いもんじゃった。

素股の最中など、男の性(さが)が丸出しになるんじゃの~。
お姐さんの腰に手を回して、息子を挿入させようとするんじゃな。

お姐さんの方も、よく分かったもので手でコントロールしておった。
素股の方が、人間模様が見れて面白いショーじゃと思った。


ワシは第2ステージで本番に上がったんで、
第3ステージに このJKに参加してみた。

欲のないときは、あっさりと勝つもんじゃの~^^


お相手してくれたのはM姐さん。
独特の雰囲気を醸(かも)し出すショーで、踊りが上手い姫じゃった。

そんな お姐が泡踊りとは「本当かよ」と一瞬だけ思ったんじゃ。


ワシは、素股なんぞより、亀の頭を入れる瞬間が好きなんじゃが
泡踊りショーもまんざら捨てたもんじゃないと思ったぞ。
ゴムなしのローションのヌルヌルとヒダが通過する感触、
若い連中がヘルスで満足してしまう気分が、少し分かったの~。

こちらが、ガツガツせず感触を楽しんでいると
入るか入らないかの微妙な感じを楽しませてくれたんじゃよ。

そんな訳で、無事発射となったわけじゃ。


鶴舞の場合、隣でシャワーが浴びられたから 心身共にサッパリした^^



関連する記事を、下に集めておいたぞ。

URL1.鶴舞劇場のお風呂の話は
http://uragekijou.blog102.fc2.com/blog-entry-8.html

※ 今昔.鶴舞劇場の個室の詳細は
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-51.html
※ 今昔1.参加型ショーのワシなりの分類は「女王蜂ショー」でな
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-33.html



ランキングはこっちじゃ

_vb.jpg



最後の共演者H.Y.2



前の記事で、本番デビューのH.Y.ちゃんが顔なじみで、
本番前の週、個室だけやっていた(参:URL1)ことを書いた。

実は前の週、H.Y.ちゃんの個室に入ったのが
日本の劇場での最終個室だったんじゃよ。

鶴舞劇場の「個室=お風呂」の詳細(参:今昔1)は、
劇場今昔物語の方に書いておいたので、参考にしてくれ。



ホンベーロが鶴舞のお風呂を利用するときというのは、
早々とJKに勝ってしまったときか、JKに燃えないとき
こう、相場が決まっておるわけじゃが・・・・

時に、個室のためだけに遠征することもある。


ワシらは「ゲキジェーロネットワーク」というものを持っておるから、
若い可愛い・個室 という情報には敏感だったんじゃ。

越谷大劇で、アイドル系のEちゃんが個室をやったときも
しっかり遠征しておったの~^^


そして、H.Y.ちゃんのときも その情報が待合室に向わせたんじゃ。

待つことしばし、お目当てのH.Y.ちゃんがやってきた。
「いらっしゃいませ、ご主人様」が似合いそうな声じゃった。

この日、JKに燃えていなかったワシは、思わず萌えてしまったの~。

早速、2人で待合室で脱いでから浴室へ向った。

2人で立ったままシャワー。洗い・洗われ、息子まで立つんじゃな^^

そして、ジャグジーバスに入ったワシは、彼女を手招きしたわけじゃ。

狭いジャグジー、向かい合って入ろうとするのを、
ワシは、背中向きにさせてしゃがんだわけじゃな。

湯船につかりつつ、たわわな胸愛撫できたんじゃな。
愚息の方は、熱く硬くなって お尻に当たっておったの~。

キスは一応ダメなんです」と言ってはいたが・・・・
耳たぶ舐めても、首筋に舌を這わせてもOK、気持ちよさそうにしておった。

お次がマットでのローションプレー
ワシが受身だったのは、最初だけで、すぐに攻守を交代した。

指の攻撃も舌の攻撃も、全て受け入れてたんじゃ。
キスをしたら、舌を絡ませてきたかくらいじゃからの~。

不埒(ふらち)な輩(やから)なら、ここで生挿入を考えるんじゃろうが、
ワシは紳士じゃからの~。ちゃんとゴムをつけたわけじゃ。

正常位茶臼(ちゃうす),バックから、最後は閉じバックじゃったな。


ここは、かいた汗をまた流せるんで最高だったの~。



URL1.H.Y.ちゃんとの本番のもようは
http://uragekijou.blog102.fc2.com/blog-entry-4.html

今昔1.鶴舞劇場の個室の詳細は
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-51.html
今昔1.ワシの本番人生終演の地については
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-48.html



ランキングはこっちじゃ

_vb.jpg



最後の共演者H.Y.1



劇場今昔物語に書いた通り(参:今昔1)、
ワシの本番人生終演の地は、名古屋鶴舞劇場じゃった。

沖縄桜坂ショー劇場(参:今昔2)で、半ば人身御供(ごくう)で始まった本番が
28年という歳月をかけて終わったわけじゃ。

現在も本番ショーが健在であったなら、ワシは・・・・
どこぞの劇場で、今日も腰を振っていることになっているじゃろう。

そう考えると、当局には 感謝せねばならんのかも知れんの~。


とにかく、最後の本番が日高市の「お山」でなかったことに感謝じゃ。


終わり良ければ全て良しと言うが、本番馬鹿には過ぎた幕引きじゃった。

相手が、二十歳そこそこの大和撫子(なでしこ)だったんじゃからの~。
(個室で、なんやら証明書をみせてもらったやつが言っておったよ)
長めの黒髪、豊満な胸(決して太目の娘ではないぞ!!)じゃった。

踊りが上手になれば、すぐ引き締まったボディーになったじゃろうな。
なにせ、その週がストリッパー&本番デビューじゃったんだから^^


その女の子の名前はH.Y.ちゃんじゃ。
彼女をプロデュースした舞姫のH.の一字をもらったんじゃな。

なんで詳しいかというと・・・・ その日鶴舞の社長に誘われて、
舞姫H.と3人で蕎麦を食べに行っておったからじゃ^^


ワシの最後のJKは、あっけなかったぞ~。
蕎麦屋から劇場内に戻ったワシは、社長と舞姫H.に
「そろそろH.Y.ちゃんだから観てきます」
と言って客席に行ったんじゃ。
(ちなみに、舞姫H.はその週お休みじゃった)

新人らしく、踊りはぎこちなかったの~。
多分、お姫様っぽい衣装だったと思うんじゃが記憶が曖昧じゃ。
4~5人のJKで、あっけなく勝ってしまったはずじゃ。
JKに勝てずに、待たされた記憶が全くないんじゃよ。


で、いよいよ本番となったわけじゃ。
デビューしたて、初日か2日目かは忘れたが、日が浅い。
ステージも第1ステージか第2ステージだったはずじゃ。

本番姫は緊張していたんじゃが、ワシの顔を見て少し安心したようじゃ。

実は前の週、H.Y.ちゃんは鶴舞劇場の個室だけやっていたんじゃよ。
ワシとは個室で会っているんで、顔なじみだったんじゃの~^^

ワシの方も、彼女が受身系だというのは良く知っておったが・・・・


とにかく、ワシも愚息も大喜びじゃったよ。
水を弾く肌だというのも、実証ずみじゃったからの~^^

「緊張してる?」とかなんとか話しかけながら
みずみずしいボディーを堪能(たんのう)したの~。
感度が良くて、乳首など すぐ勃起しおった^^

受身系だと知っておったから、オッパイを吸うことも出来たんじゃが、
貴重な逸材(いつざい)が途中で消える心配があったんで
公共の福祉に反しない程度の攻撃にとどめたんじゃ。

S県のN劇場の個室など、せっかく若手撫子が参戦したというのに、
常連の攻撃に耐えられずギブアップというのが多かったからの~。


新人受身系の王道、正常位で合体じゃった。
若い娘は、ゴム越しでも包む感触が違ったの~。大満足の終演じゃった。

そのときは終演などと、少しも思っていなかったんじゃがの~。


H.Y.ちゃんとの個室の話は,(参:URL1)じゃ。



関連する記事を、下に集めておいたぞ。

URL1.H.Y.ちゃんとの個室の話については
http://uragekijou.blog102.fc2.com/blog-entry-8.html

今昔1.ワシの本番人生終演の地については
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-48.html
今昔2.桜坂小劇場の記事は
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-30.html



ランキングはこっちじゃ

_vb.jpg


ボニソロポラ02



修正はしてあっても、懐(なつ)かしい顔もあるじゃろう。
じゃが、ボニの名前は胸の内にしまっておいてくれ。



1                                     2
US001.jpg   US002.jpg



3                                     4
US003.jpg    US004.jpg




5                                     6
US005.jpg   US006.jpg



7                                     8 
US007.jpg   US008.jpg



9                                     10
US009.jpg   US010.jpg



☆ 裏今昔のポラは、カテゴリーから まとめて観れるぞ
http://uragekijou.blog102.fc2.com/blog-category-1.html

☆ 劇場今昔物語のポラは、カテゴリーから まとめて観れるぞ
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-category-0.html



ランキングはこっちじゃ

_vb.jpg




熟女パラダイス3



熟女シリーズの第三弾は、個室サービスについてじゃ。


前回(参:URL.1)で最後に話題に出したK.Y.姐さんの個室に、
ワシは 15年以上前に入ったことがある(当時も、多少 熟女傾向があったがの~)。

この 姐さんは、その当時から エッチを心底楽しんでいる お方じゃったの~。
昔のことじゃから、どういう流れで そうなったか忘れてしまったが、
お姐さんの両脚は、ワシの両肩のところじゃった。
ワシはというと、腕立て伏せの格好で 必死に腰を振っておったんじゃ。

この体位は、最初からやると あそこに負担がかかりすぎて痛いんじゃ。
お姐は、「無理だってば。ちょっと待って」と言いながらも、満更ではなかったの~。
始めゆっくり、徐々にパンパン パンパンしていくと・・・・
お姐の あそこを出し始め、泡状になったあとに白濁していったんじゃ。

終わった後の、「も~ バカ」と言った 姐さんの反応に、
本気を感じて 内心喜んだ記憶がある。


前回(参:URL.1)、ワシが強チンされた話に出てきたL姐さんは、
細身でセクシーでも何でもなかったんじゃが、ちゃんと個室の固定客がおった。
一説には、○○サービスがあったということだが、確証はない。

布団を敷かない劇場の本番に上がるとき、
ワシはハーフ毛布を持参しておったんじゃが(参:今昔.1)、
L姐さんは 毛布をたたんで返してくれたもんじゃ。

L姐さんばかりでなく 大和撫子本番は、皆 そうであったの~。
やはり 心のきめ細かさの点では、ワシも 大和撫子が最高だったと思うぞ。


ボニの世界でも、熟女は 若い娘に勝つために頑張っておった。

ボンド・ガール風メイクのL嬢は、朝霞香盤でトップ出演したことがある。
確証はないが、個室で ○○サービスをしていた可能性 大じゃろう。
ポパイは、「大人の味、大人の魅力 L嬢」と 紹介しておったな。


本番・天板はおろか、タッチすらやらない踊り子さんの個室もあったが、
T嬢の個室では、面白いアクシデントが起こった。
(業界では、27歳以上は熟女らしいからの~ 彼女も熟女の一員としよう)

実は、T嬢との個室対戦中、股関節が大きな音をたてて鳴ったんじゃ。
股関節脱臼とまではいかなかったが、痛みで愚息がしぼんでしまったんじゃよ。

T嬢は、オッパイをワシの口に放り込んだりして、愚息を元気づけてくれたんじゃ。
プロ根性ばかりでなく優しさで、相手を満足させたい気持ちで一杯だったんじゃな。
お陰様で、気持ち良く抜くことができたんじゃよ^^

その後 劇場で会ったときは、
「股脱の人」「その節は」という関係になってしもうた。



個室ばかりでなく タッチショーのときでも、熟女は熟女の味を出しておったの~。

歌の上手なS.R.姐さんは、客のチンボを撫ぜるのが好きだったし、
N.L.姐さんは、本番後のタッチのとき 客のチンボや胸を触っておったもんじゃ。

この様な 気さくなスキンシップも、若い娘にはできない芸当だったんじゃな~。



関連する記事を、下に集めておいたぞ。

前回の熟女パラダイス2は
http://uragekijou.blog102.fc2.com/blog-entry-94.html
熟女パラダイス1は
http://uragekijou.blog102.fc2.com/blog-entry-93.html

今昔1.ハーフ毛布については
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-53.html



ランキングはこっちじゃ

_vb.jpg



ランキングはこっちじゃ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
相互リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。