FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟女パラダイス3



熟女シリーズの第三弾は、個室サービスについてじゃ。


前回(参:URL.1)で最後に話題に出したK.Y.姐さんの個室に、
ワシは 15年以上前に入ったことがある(当時も、多少 熟女傾向があったがの~)。

この 姐さんは、その当時から エッチを心底楽しんでいる お方じゃったの~。
昔のことじゃから、どういう流れで そうなったか忘れてしまったが、
お姐さんの両脚は、ワシの両肩のところじゃった。
ワシはというと、腕立て伏せの格好で 必死に腰を振っておったんじゃ。

この体位は、最初からやると あそこに負担がかかりすぎて痛いんじゃ。
お姐は、「無理だってば。ちょっと待って」と言いながらも、満更ではなかったの~。
始めゆっくり、徐々にパンパン パンパンしていくと・・・・
お姐の あそこを出し始め、泡状になったあとに白濁していったんじゃ。

終わった後の、「も~ バカ」と言った 姐さんの反応に、
本気を感じて 内心喜んだ記憶がある。


前回(参:URL.1)、ワシが強チンされた話に出てきたL姐さんは、
細身でセクシーでも何でもなかったんじゃが、ちゃんと個室の固定客がおった。
一説には、○○サービスがあったということだが、確証はない。

布団を敷かない劇場の本番に上がるとき、
ワシはハーフ毛布を持参しておったんじゃが(参:今昔.1)、
L姐さんは 毛布をたたんで返してくれたもんじゃ。

L姐さんばかりでなく 大和撫子本番は、皆 そうであったの~。
やはり 心のきめ細かさの点では、ワシも 大和撫子が最高だったと思うぞ。


ボニの世界でも、熟女は 若い娘に勝つために頑張っておった。

ボンド・ガール風メイクのL嬢は、朝霞香盤でトップ出演したことがある。
確証はないが、個室で ○○サービスをしていた可能性 大じゃろう。
ポパイは、「大人の味、大人の魅力 L嬢」と 紹介しておったな。


本番・天板はおろか、タッチすらやらない踊り子さんの個室もあったが、
T嬢の個室では、面白いアクシデントが起こった。
(業界では、27歳以上は熟女らしいからの~ 彼女も熟女の一員としよう)

実は、T嬢との個室対戦中、股関節が大きな音をたてて鳴ったんじゃ。
股関節脱臼とまではいかなかったが、痛みで愚息がしぼんでしまったんじゃよ。

T嬢は、オッパイをワシの口に放り込んだりして、愚息を元気づけてくれたんじゃ。
プロ根性ばかりでなく優しさで、相手を満足させたい気持ちで一杯だったんじゃな。
お陰様で、気持ち良く抜くことができたんじゃよ^^

その後 劇場で会ったときは、
「股脱の人」「その節は」という関係になってしもうた。



個室ばかりでなく タッチショーのときでも、熟女は熟女の味を出しておったの~。

歌の上手なS.R.姐さんは、客のチンボを撫ぜるのが好きだったし、
N.L.姐さんは、本番後のタッチのとき 客のチンボや胸を触っておったもんじゃ。

この様な 気さくなスキンシップも、若い娘にはできない芸当だったんじゃな~。



関連する記事を、下に集めておいたぞ。

前回の熟女パラダイス2は
http://uragekijou.blog102.fc2.com/blog-entry-94.html
熟女パラダイス1は
http://uragekijou.blog102.fc2.com/blog-entry-93.html

今昔1.ハーフ毛布については
http://gekijoukonjaku.blog.fc2.com/blog-entry-53.html



ランキングはこっちじゃ

_vb.jpg



コメントの投稿

Secre

ランキングはこっちじゃ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
最新コメント
相互リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
フリーエリア
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。